効率よく稼げています

a1180_009234_m

家庭教師のバイトをしている、大学2年生です。

当初私は飲食店のバイトをしていましたが、拘束時間が長いのが辛く、半年程でやめてしまいました。

ある日、大学で同じゼミを受けていた友達がやっていた家庭教師の事を聞いた所、自分もやってみたい旨を話したところ、紹介してもらいました。。
大学から家庭教師センターが近かったこともあり、同じ大学に通っている人が何人も所属していました。

ご家庭を紹介してもらい、中学2年生を指導することにしたのですが、なんとその子は分数の計算ができない子でした。
少々衝撃的でしたが、家庭教師センターの方に聞いた所、結構多い話だということです。分数の計算はだいたい小学校3年生の内容、3年生から5年間、さぞ算数が苦痛だったのだろうと思いました。

実際指導を始めてみて、分かったのは、この子が算数ができないというわけではなく、知らないという状態だということでした。
ちゃんと教えてあげれば理解してくれる子でした。
ただ、自分から学びに良くという姿勢が皆無でした。これが原因だったみたいです。

勉強を教えるのはもちろんでしたが、私は自分で考えるという大事さをその子に教えるというスタンスで指導を行いました。

指導開始後の定期テストでは、数学は平均点以上になり、親御さんも一安心したという感じでした。

教える立場になって気づいたのは、勉強だけでなくそれに対する取り組む姿勢も今の子に教えていかないといけないのだと思いました。

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村


家庭教師 ブログランキングへ