青ペン学習法

a0002_011008_m

最近テレビでも取り上げられ話題を生んでいる「青ペン学習法」。

どんな学習法なのか
どんな効果があるのか
本当に効果があるのか

そんな疑問点を本記事でご紹介したいと思います。
どんな学習法なのか。

普通、勉強をする時というのは、シャーペンかボールペンで
ノートに漢字や英単語等を繰り返し書いて覚えますが
この時使っているペンの色は殆どが黒ですね。

この時使っているペンを青いボールペンに変えるというのが
「青ペン学習法」です。
そのままですね。

なぜ勉強する時に青ペンを使うのか
それは「青ペンで書いた字は記憶に残りやすい」
と言われているからです。

なんだか都市伝説みたいで信憑性に欠けるような気がしますが
青色は副交感神経を活発にするという効用があるとされていて、
副交感神経が活発になると言う事は気分が落ち着いている状態となります。

それにより、青ペンで勉強するとリラックスモードになり、勉強が捗るとの事です。

実際効果があるのか、明確な根拠はないみたいですが
3色ボールペンの黒や赤と違って余りがちな青なので、
指導しているお子さんに薦めてみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村


家庭教師 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>